思考停止バンドが搾取され出演し続ける構図。

54f06df3f681675a092ab0b4efc70b9b_m
ライブハウスの顧客はバンドである
前回までで、しれーっとライブハウスのノルマ制を批判するようなことを書いてきましたが、
私はライブハウスのノルマ制に関しては基本的に反対ではありません。かと言ってこれを良しとしているわけでもありません。


【ノルマ制とは】
出演するバンドが、たとえば1,500円チケットを20枚分つまり、30,000円をライブハウスに支払うノルマを課される仕組みです。21枚目以降は、チケット代の50%はバンドに支払いますよ(チャージバックという)。という感じです。

最初から20枚もチケットが売れるバンドはいませんので、必然的にバンドマンのポケットマネーから支払われます。

ライブハウスとしてはお客さんが入らなくても、5バンド集められれば150,000円の売り上げは保障されますので、営業が出来るのです。逆に言えば、どんなに下手で集客力が無いなバンドでもノルマを払うことで出演できるわけです。日本のライブハウスはほとんどがこのシステムを採用しています。



「ライブハウスはバンドから金だけを巻き上げておいて、観客へのサービスには全く手をつけていない」とか、「質の良い音楽を提供する気など全く無く、出演バンドさえ確保できればよい」「何も分からないバンドが毎月出演を依頼されてノルマ代を搾取されている」という批判にもさらされているシステムです。





ノルマ制の場合、観客ではなくバンドを集めることがライブハウスの営業活動となります。



つまり、ライブハウスの営業先は、観客ではなくバンドマン達なのです




ライブハウスがあの手この手を使って、出演をおすすめする行為は民間企業として真っ当な営業活動です。「金じゃねえ美学」だって営業武器になるのです。
本音と営業トークを聞き分けられる耳を持って、出演の必要が無いときには出演依頼を断らないと、毎月出演という事に・・・。筆者も経験があります。

(ちなみにノルマライブの出演依頼のメールをスパムのごとく飛ばしているライブハウスは、営業活動が上手とは言えません。スケジュールも埋まっていないところばかりです。それでも営業できているから、ノルマ制は合理的なビジネスモデルなんでしょうね。)



営業活動と割り切って捉えてしまえば、民間の企業となんら変わりません。どこが悪なんでしょうか。



ブッキング担当者は朝から晩までバンドに電話をかけ、PAさんは壊れた機材を毎日メンテし最高のオペレートしている。おかげて全然ハウりませんし、素晴らしい音質で演奏できます。遠方のバンドは無料で出演させる配慮もしている。企業努力しているじゃないですか。





「ライブハウスの客はバンドである」事を暗黙の了解としてしまう事を問題視する意見もありますが、よく考えてください。そんな事をおおっぴらにやっていては、ミュージシャンもイメージも糞もありません。
バンドが、少なくとも自分達の観客の前では「プロ」としてステージに立てる為の、「消費者バンド」だとばれない為の配慮なのです。


出演するときはHPにアー写も掲載してプロっぽく見えるように扱ってくれます。




ノルマ制論争 「集客はライブハウスがやれ」という開き直り
「ミュージシャンはいい音楽を作ってアツいライブをするのが仕事であって、集客努力はライブハウスがやるべきだ」という開き直った意見をたまに目にしますが、これこそがまさしく消費活動型バンドの思考です。稼ぐ意識がすっぽ抜けている。それなら集客費用を別途支払うべきです。CBがあっても赤字だと思いますが。
ステークホルダーの関係を理解していないのです。


「良い曲と良いライブ」と言うのはそもそも必須条件でしかありません。それだけで成功するなら、みんな成功しています。超甘い。




海外のように飲食形式にして、飲食売り上げの一部をバンド側に還元すべきだという意見もありますが、そうなったら誰が金払うんですか? 必然的に面積の大きいハコになりますし、集客力のないあなたのバンドは出演できません。スタートラインにも立てないのです。



「ライブハウスが良い音楽を提供しようとする気がない。ノルマさえもらっていればOKなのか」と怒っている人がいます。ライブハウス側もコンテンツの質に目をやるべきという意見には一部賛同します。
しかし、ライブチケットを売ることは基本的に「バンドと観客の間での契約行為」です。本来観客にサービスを提供するのはチケットを買ってもらったバンドなのです。これも「誰が誰のお客様なのか」を理解していないことからくる考えです。

イベントの質が悪い=イベンター・ブッキングが悪い  という考え方ですが、イベントの質が悪いのは、出ているバンドの質が悪いからです。質の高いコンテンツの提供をしなければならないのは出演者です。




ライブハウスは「民間の音響施設会社」です。



ライブハウスの顧客は、あなたたちのバンド。=場所・設備・オペレーターの提供
あなたたちのバンドの顧客は、見に来る観客。=コンテンツの提供


割り切って捉えましょう。

この制度に乗っかるのが嫌なら、自分で機材を調達して野外イベントを計画して集客すればいいのです。そうしたほうがよっぽどキャッシュになります。




思考停止バンドの行く末
ライブハウスのスタッフの中には、本当にバンドを世の中に出したいという熱意を持って、メディアやペーパーに宣伝してくれたり、、関係者に紹介してくれたり、中にはレーベルを立ち上げてレコーディング費用を出してくれたりする人もいます。もうボランティアなのです



もう、こうなるとバンドとライブハウスは人と人のつながりでしかないですよね。それで十分なのです。



そのボランティア的な恩恵を待ち、自らは行動せず、挙句は集客できない理由をハコのせいにしたり、ノルマ性を批判していてはもう話になりません。全くインディペンデント(自立)ではありません。ディペンド(依存)です。



ライブハウスもコンテンツの質向上の努力をすべきだという意見は理解できます。そういった動きが出るのは好ましいことですし、今後必要でしょう。
しかし、ノルマ制の仕組みを割り切って捉えることが出来ないバンドは、こういった動きに頼ろうとします。
集客するのに何をすればよいのか考えないまま、受動的な活動と浪費を続けます。


この人たちは「インディーズバンド」でも「趣味バンド」でもない、「思考停止バンド」なのです。

ひたすら対バン顔見知りになったバンドマンに一斉送信メールを毎週送り、ようやく数名来客。お返しに自分も客としてそのバンドのライブに出向く・・・ と言った悲しい内輪ノリになっていき、ノルマ貧乏になって行きます。


こうなってしまうと、その先はありません。やがて、「俺には向いていない」と思い始め、一人、また一人とメンバーが抜けていきます。リーダー格のメンバーは最後一人になるわけですが、それでも弾き語りソロでの出演を依頼され、一人でステージに上がり続けるのです。





ノルマ制を半分擁護するような記事になってしまいましたが、次回ではその問題点について考えたいと思います。