あなたのバンドのキャッシュポイントは何?
54f06df3f681675a092ab0b4efc70b9b_m

あなたのバンドが誰かの役に立ったとき初めてお金になる
その技術によってお金を発生させることが出来る状態が プロ です。


どんな業界でも、お金を発生させる為に絶対に必要な法則があります。


それは、「社会の役に立つかどうか」ということです。 
・曲を聞いて感動した人が、”頼んでもいないのに”ライブを見に来る。更に感動してCDも買ってくれる。帰宅してCDを聴き、「明日も仕事頑張ろう」と思う。

・あなたの詞の一部にある「信じれば叶う・・・」という言葉を信じた人が、夢へ向かって行動を起こす。


立派な社会貢献です。



ちなみに、頼み込んで縁故や付き合いでチケットを買ってくれる方は、しばらくすれば来なくなります。
あなたの夢に一度でも出資してくれた事に深くお礼を言って、今後は一斉送信メールなどで迷惑をかけないようにしてください。



誰の何の役に立たない曲やライブは売り上げを生み出しません。音楽に限った事じゃありません。必要のないものは売れないのです。



もっとも、売れているバンドも「金のために」やっているのではありません。



売れているバンドは、自分たちの何が誰に必要とされているのかを真剣に考え、どんな詞を書くか、どんな雰囲気を醸し出すか、どんなライブにするか何度も試し、コツコツと実践しているのです。



消費思考ではなく、未来の自分たちに「投資」するつもりで活動をしたほうが良いです。




もし、あなたのバンドがプロに近づきたいと思っているなら
今現在の自分たちを外側から見つめ、未来のあなたたちが、誰のどんな役に立っているのか、深く考える事が大事です。


そこがキャッシュポイント(お金を生み出す価値)になるのです。


キャッシュポイントを抑えれば、必ずお客さんは集まってきます。
それまで試行錯誤を繰り返すべきです。




自分たちを客観的に見る視点がないとこれはできません。お客さんからどう見えているかも分からない人は、当然お客さんのどんなニーズを満たせるかも考える事が出来ないからです。


明らかに音痴なのに、メロディのある歌を歌い続けるボーカリストは自分を客観視できていません。
太っているのに痩せようとしないやつもダメです。(経験あり) 
特にこの業界では消費者の多くを占めるのは若い女性です。女の子から見た自分がどう映っているか、一度正直な意見を確認することをお勧めします。

341afe746362a14d495df54a73569929_m